研究開発・ファンドリー活用

アウトソーシングのメリットを最大限に活かし、アプリケーションに最適のプロセスを選択することが可能。また、独自の管理手法により、少量生産を可能とし、研究開発対応も容易としています。

モノリシック光ICの開発

高速高感度を両立したモノリシック光IC技術により、高性能かつ安価なデバイスを開発しています。短距離光ファイバー通信分野では世界トップレベルの高性能な送受信デバイスを通信関連メーカー様に供給しています。

開発・評価システム

LSIの設計開発から、製作したLSIの測定・評価まで行います。

■開発ツール
・回路シミュレーション(CADENCE、HSPICE、SPECTOR、PSPICE)
・CADENCE社LSI開発システム(回路検証、マスクレイアウト、デザインルールチェック)

■測定評価システム、光学計測システムの主要設備

  • オシロスコープ
  • ネットワークアナライザ
  • ビットエラーレートテスタ
  • 光スペクトラムアナライザ
  • レーザー光源
  • レーザートリマ
  • プローバ
  • ワイヤーボンダー
  • 環境試験器
  • E/O変換器
  • O/E変換器
  • 光ベンチ 他

主要半導体プロセス

国内外の大手半導体メーカーをファンドリーとしてLSIを製作いたします。

  • CMOS          0.15μm↑
  • BiCMOS           0.35μm↑   
  • Bipolar            0.35μm↑
  • Mixed Signal   0.15μm↑


第4回イノベーションリーダーズサミット(ILS 2016)で人気上位100社に選ばれました。

http://ils.tokyo/

会社案内

マイクロシグナル株式会社
〒〒613-0022
京都府久世郡久御山町市田新珠城207

  • TEL:0774-43-7730
  • FAX:0774-43-7750

ニュースリリース

2016.11.10

【新型】ファイバーアンプ用フォトICをリリースしました!

入射光信号をアナログ電圧波形として出力するフォトICです。

2016.10.26

【新型】光電スイッチ用フォトIC、間もなくリリースします!

入射光信号をアナログ電圧波形として出力するフォトICです。

2016.10.22

【新型】逓倍回路内蔵エンコーダフォトICをリリースしました。

0.25μm BiCMOSプロセスを採用した光学式エンコーダ用フォトICです。

2016.10.22

「第4回イノベーションリーダーズサミット(ILS 2016)で人気上位100社に選ばれました」

当社は、2016年10月24(月)-10月25日(火)に虎ノ門ヒルズで開催されるアジア最大規模のベンチャー×大手企業サミット「第4回イノベーションリーダーズサミット 後援:経済産業省」において、人気上位100社に選ばれました。

過去一覧
ページの先頭へ